TOP > 企業情報 > 会社沿革

会社沿革

1999年3月1日の創業以来、地下水を使った災害時のライフライン確保、上水道料金のコスト削減などを提案する専用水道システムをメインに、水ビジネスを展開してきたタクロウ管理工業。これまでの当社の歴史をご紹介いたします。

 

1999年―
3月 横浜市戸塚区に有限会社タクロウを設立。”タクロウ”とは、「開拓する男」を意味する。
創業当初は、ビルの受水槽清掃や給排水管工事などの業務を行う。
2000年―
6月 地下水飲料化システム(専用水道システム)の設計・施工・管理事業を開始。
8月 業界大手の井水システム営業代理店ならびに施工業者として、「地下水ろ過システム」の設計・施工・管理事業を開始。
12月 埼玉県春日部市の病院に、地下水飲料化システム第一号プラントを完成。
2001年―
5月 全国展開のホテルチェーン会社の井戸掘削および地下水ろ過システムの設計・施工を受注。以後、同チェーンホテルの各店で地下水ろ過システムの設計・施工を行う。
9月

日建総業株式会社と業務提携。

11月

株式会社タクロウ管理工業に改称。

12月

広島市の大学に、独自設計・施工による地下水ろ過システムを導入。

2002年―
3月 「地下水膜ろ過システム」の設計・施工・管理業務を開始し、全国展開に。
第1号プラントは南越谷のデパート、2号プラントは盛岡市の商業施設に導入される。
4月

東京都港区に東京本社設立。

2003年―
1月

建設業知事許可取得(電気・管・さく井工事業)。

清水建設株式会社と業務提携。

 
9月

千葉県柏市の老健施設の地下水膜ろ過システムの設計・施工・管理を開始。

このほかにも、成田市のホテルなどに同システムを導入。

2004年―
1月

株式会社タップと業務提携。

5月

清水建設(株)と共同し、千葉市海浜幕張の商業施設に地下水膜ろ過システムを導入。

10月

埼玉県朝霞市に自社工場建設(現在は埼玉県入間郡三芳町に移転)

2005年―
1月

三菱電機ビルテクノサービス株式会社と業務提携

3月

三菱電機ビルテクノサービス(株)と共同し、東京都多摩市の病院に井水ろ過設備を2プラント導入。

4月

株式会社省電舎と業務提携

5月

深井設備工事株式会社と業務提携

2006年―
1月

建設業許可追加取得(土木工事業他)

三菱電機ビルテクノサービス(株)と共同し、岡山県倉敷市の病院に「地下水RO膜設備」を導入。

(株)省電舎と共同し、神奈川県相模原市の薬品工場に井水設備を導入。井水設備は、このほか神奈川県相模原市の病院にも導入。

5月

建築物飲料水貯水槽清掃業登録。

資本金を2,400万円に増資。

2007年―
1月

(株)省電舎と共同し、福岡県福岡市の複合商業施設の既設地下水設備を改修。

3月

旭化成ケミカルズ株式会社と業務提携。

6月

三菱電機株式会社と業務提携。

11月

東京都や神奈川県で展開する料亭において、排水処理設備設計・施工・管理業務を開始。

福岡営業所を開設。

2008年―
2月

日本管財株式会社と業務提携。共同で、東京都杉並区の病院に地下水膜ろ過システム導入。

3月

大分県別府市の娯楽施設に浄水設備導入。(処理能力100㎥/時)

2009年―
2月

建設業国土交通大臣許可に変更。

4月

埼玉県志木市に工場開設。(現在は埼玉県入間郡三芳町に移転)

伊藤忠エネクス株式会社と業務提携。
9月

大阪営業所を開設。

名古屋営業所を開設。

2010年―
2月

建設業・機械設置器具業取得。

4月

福岡地所(株)新設商業施設の水処理設備設計、施工、管理受注。

12月

給水装置工事事業者指定店登録主要エリアへの申請開始。

2011年―
7月 大手デパート5施設において井水設備保守管理業務を開始。
10月

三浦工業株式会社と業務提携。

2012年―
3月

 

東京都立川市の保育園における防災用井戸システムが完成。

千葉県千葉市の国立病院に地下水膜ろ過システムを導入。

10月

埼玉県に拠点を置くJリーグクラブチーム練習場に井戸・ろ過機を納入。

2013年―
1月

千葉県千葉市美浜区のホテルに地下水膜ろ過システムを導入。

12月

新日本化成(株)、日建総業(株)との共同で、千葉県東金市のショッピングセンターに地下水膜ろ過システムを導入。生物処理導入した新システムが本格稼働。

2014年―

2月

建設業国土交通大臣許可更新。

4月

創業15周年記念誌発行、祝賀会開催

11月

工場を三芳町に移転 埼玉テクニカルセンターとして開設

 

2016年

3月

新橋営業所 を移転 (新住所:東京都港区西新橋3-4-1西新橋ビル7F)